少しだけ真面目な話

今回は最近話題になっている某実況者の諸々の問題について僕から色々述べさせていただきます。

なぜこんなことを書くのか、理由は至ってシンプルでその問題の少なくともいくつかについて僕が関わっているからです。僕に責任が全くないわけではないため、ブログという形ですが僕なりの意見を述べさせていただきます。なお相手の名前については伏せておきます。理由は各々お察し願います。

 

まずことの発端となったTwitterのリプでのやりとりについて。当時の僕の相手に対する配慮が欠けていたことや、的を外したリプライがあったことは否定できません。真面目に返信していたつもりでしたが、やはり自分の意見を述べる上で感情的になっていた部分がありました。すごく今更のことではありますが、反省しなければならないことです。

 

しかし僕がどれだけ悪くてもこれだけは言っておきたい。感情的になっていたとはいえ、真面目に対応していたのだから少しぐらいは話を聞いてもらいたかった。真剣に考えているのに聞く耳すら持ってくれなかったのはすごくショックでした。他の方々からも聞く耳を持たないだとか、自分と立場が違うだけで理由なくすべてを否定されただとかいう話を聞いた時は僕は心の底から失望するばかりでした。そこだけでいいから自分を見直してほしい。これはみんな思ってますよ。

 

数日後、僕は彼を(正確にはその前垢を)ブロックしました。Twitter上で言い合いになったからではありません。僕のフォロワーの方々にも同じようなことを繰り返し、見るに堪えなくなったからです。「消す」とか「潰す」だなんて、冗談でも言っていいことと悪いことがありますよ。本気で言ったのなら今すぐ撤回してくれ。

 

しかし、僕もブロックした後で気づきました。俺も悪かったなと。ちゃんと伝わらなかった時点で僕にも責任があったのです。少し距離ができてしまったけれど、もう一度見つめ直そうと。1日ほどでブロックを解除しました。

 

しかし彼は全く変わりなし。みんなを敵に回して好き勝手。当然周りからの評判は最悪。このとき完全に彼が僕にとって「嘲笑」の対象になりました。

 

そして今回の僕の(あるいは僕の知り合いの)ツイートに対する彼の反応について。

もう正直いちいち噛みついてくるのが鬱陶しい。なんだよ結局反省は最後までしないのかよと。もう謝ってくれとも言う気すらなくなりました。勿論僕が言える口じゃないんですが。

 

・・・反省はしています。僕は人を煽ることが好きで、それを利用して今まで多くの方々と仲良くなってきました。しかしそれはまさに諸刃。時に相手を傷つけ、取り返しのつかないことにもなり得る。だから自分と向き合わなければならない。

 

ここまで書いてきたのは僕の見苦しい言い訳です。途中から自分が何を書いているのか、わからなくなってしまいました。

多分明日からも僕はいつも通りです。これを読んで僕のことが嫌いになったのであれば、我慢しないでください。でも僕は真剣に考えますから、それだけわかってください。