読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今回の問題の現状とこれからの活動について

こんにちは。

 

この記事を読んでいるならばみなさん知っているだろうとは思いますが、このたび某実況者と僕との間での過去のトラブルが思わぬ形でみなさんをも巻き込む大きな問題となってしまいました。繰り返しになりますが多大なご迷惑やご心配をおかけし、本当に申し訳なく思っています。すみませんでした。

 

僕の言い分や意見については前の記事で書きましたし、その後キャスを通じてですがみなさんにもお話しましたのでここでは割愛させていただきます。その内容をふまえた上で今回の記事をみていただくようお願いします。

 

本日11時頃、某氏のブログが更新され、僕も目を通しました。彼は彼なりに今回の問題について考え、その善し悪しは別として解決策を考えたということは理解しました。僕は昨日まで向こう側がこれといった対応策に踏み出していないことにいらだちを感じていましたが、その点は今回の彼の記事で解消されたと思います。僕の対応策が十分だったとはとても言えないためこのようなことを書くのもどうかとは思いますが、彼が対応を考えてくれた、ということはひとまずよかったと考えています。

 

しかしその内容については他の方々の批判がいくつかありました。記事は形式的には他の方々への謝罪文にはなっているものの、その内容は「私が悪いとは思っていないし、自分のしたことに後悔などしていない」と理解されてしまうようなもので、僕自身も読んでショックを受けました。僕も今回の問題の当事者なのでとても物申す立場ではないのですが、それでも「こいつは本気でこんなことを思っているのか。自分が何をしたのか本当にわかっているのか。」と、本気で思ってしまいました。

 

それに加え、某大会の運営への彼の対応については、参加予定者の方々からも批判の言葉が出てくるまでの酷い内容でした。僕はこれに関しては全くの無関係者であったので参加者間での相互理解ができればどのような形になってもいいかなと正直なところ思っていたのですが、どうやら他の方々の意見もろくに聞かず独断で決めた上に、無断でグループから辞退してしまったようでさすがに僕も腹が立ちました。これは僕からも言わせていただきたい。同じ大会主催者として、参加者やその他多くの方々への配慮が著しく欠けた対応と言わざるをえません。

 

正直言いたいことは他にもあるのですが、ただの悪口記事にしてしまうわけにもいかないのでここまでにします。繰り返しになりますが今回の問題を引き起こした元凶が僕である事実に何ら変わりはなく、決して僕はこの問題に対して物申すことのできる立場ではありません。それでも、これだけは言っておきたい、ということを書いたつもりです。

 

最後にこれからの僕の活動についてです。まず僕が主催しており現在進行中の悪食杯については、結果から言うとこのまま運営を続けさせていただきます。今回の問題をふまえ、自分も大会の中止を検討しました。しかし、参加者をはじめとしてこのまま続けてほしいという意見が続出し、みなさんと慎重に議論をした結果、むしろここで中止したりブレーキをかけてしまう方がかえってみなさんに迷惑をかけてしまいかねないと判断し、このまま続けさせていただくことにしました。感謝の気持ちを示すとともに、みなさんに不安を与えてしまったことをお詫びさせていいただきます。

 

そしてその他僕の普段の活動についてですが、動画投稿活動およびブログ執筆活動に関しては、今回の問題の責任をとって大会関連以外はしばらく自粛させていただくことにします。Twitterでの活動も当分は浮上を控えることを検討し、大会の運営及びまだ解決が不十分である今回の問題についての対応に全力を尽くしたいと考えています。

これらの活動についてはまだ悩んでる部分も多いのですが、大会運営と諸問題への解決には最後まできっちり尽力するつもりですので、どうかご理解いただけると幸いです。

 

というわけで色々とこれからの僕の活動に変化はあると思いますが、それでもよろしければ変わらぬお付き合いをさせていただければと思います。最後にこのたびは本当に申し訳ありませんでした。