ウルトラメガサメハダー考察

f:id:tomotinsumaho:20180212163822j:plain

おはようございます、ともちんです('ω')

 

USM発売してから4か月ほど経ちましたが「そういえばまだ新環境でサメハダー使ってないなー(鼻ホジ)」と感じましたので(?)少し今の環境でのサメハダーについて考察していきたいと思います。

なおサメハダーはメガとそれ以外で性質が大きく異なるので、今回はメガシンカ型に限定して言及していきます。メガ以外の記事も書いてほしい人が多かったらそっちも別記事で書くかもです(適当)

 

以下常態

 

7世代におけるサメハダーの強み、使用感などにおいてはSM時代に書いた記事があるので先にそちらを参照いただけると幸い。

tomotinsumaho.hatenablog.com

 

要約すると、6世代と比較して7世代においてサメハダーは大幅に強化されたといえる、ということを書いた。USM環境においても、それに特に大きな変化はない。

 

USMにおける主な変化といえば

①新たなポケモン・Z技の登場

②多くのポケモンに新技が追加

この2つだろうか。これらについて触れながらサメハダーの立ち位置について考察していこう(ただしいずれもシングルレート環境に限定する)

 

①新たなポケモン・Z技の登場

まず新ポケモンズガドーンツンデツンデアーゴヨンの登場だアーゴヨンに進化前なんているか?)

f:id:tomotinsumaho:20180212165122p:plain

まずズガドーンに対しては絶対的に有利である。メインウェポンを両方半減できて(耐えられるとは言っていない)加速を積むことで上を容易にとることができ、特化メガサメハダーのかみ砕くが無振りズガドーンに対して304.7~360.9%(確定1)という半減実を持ったとしても相当なオーバーキル。アクアジェットの習得も考えれば負ける要素が思いつかない。強い。

 

f:id:tomotinsumaho:20180212165720p:plain

ツンデツンデに対しては特別有利ではないが不利でもない。H振りツンデツンデに対するメガサメハダー地震のダメージは83.3~100.0%(超低乱1)、一方勇敢最遅A特化ツンデツンデのジャイロボールは無振りサメハダーに64.8~76.6%(確定2)なので馬鹿力やZ技、アイテム補正などを考慮しなければ少なくとも対面では有利と言える。

そもそもサメハダーを見た時点でズガドーンツンデツンデも出しにくい(実際は知らん)

f:id:tomotinsumaho:20180212170431p:plain

そして新ポケにしてトップメタの1匹アーゴヨン。状況にもよるがこのポケモンに対しても基本は有利だ。

無振りアーゴヨンに対するかみ砕くのダメージは103.4~122.3%(確定1)、補正無しアーゴヨンの流星群がサメちゃんに対して87.6~103.4%(低乱1)。一見絶対的に有利に見えなくもないが、アーゴヨンはSがサメハダーより高く、更にほとんどのアーゴヨンはビーストブーストでSがアップするため、メガシンカすると加速がなくなるサメハダーでは上をとれないこともしばしばある。もちろん龍Zや悪だくみを積んだ後の攻撃はどう頑張っても耐えないので、そのような状況を作られると基本的にはこちらが不利だ。

しかし、逆に言えばアーゴヨン側に先にSを上げられてかつ悪巧みを積まれているまたはZを温存されているという状況を作らない限りはこちらが相手を逆に縛ることができる。要するにプレイング次第と言ったところ。

 

というわけでポケモンに対してはサメハダーが軒並み強いということがわかる。

 

そして新Z技について。特筆すべきはミミッキュZとジャラランガZぐらいだろうか。

まずミミッキュZは守っても耐えません(;'∀')そもそもフェアリーZ+影うちをどうやっても耐えないので専用Zが追加されたからといって有利不利関係は変わらない。ただし無振りミミッキュに対するかみ砕くのダメージは109.9~129.0(確定1)と皮さえはがせば簡単に倒せるので、今まで通りのプレイングは十分通用すると考えて差し支えないだろう。ただし、対面で守った際にZ技で貫かれる可能性が高まったという点では、ミミッキュ性能はSMのときよりは落ちたと考えるのが妥当である

 

ジャラランガZに関してはそもそもジャラランガに対面から勝てないのでそこまで関係ない。凍らせよう

 

②多くのポケモンに新技が追加

USMから教え技の解禁以外にもレベル技やタマゴ技で非常に多くのポケモンに新たな技が追加された。

そんな中サメハダーに与えられた新技はアクアブレイクのみ。もともと命中安定+加速と相性良好な怯み効果を持つ滝登りを使えたサメハダーにとって、怯みに勝る追加効果もなければ特別確定数の変わる仮想的も少ないこの技の習得によって変化したものはあまりないといえる(もし何かあったらコメント等で教えてください('ω'))

 

 

以上のことをふまえて、USMにおけるサメハダーの立ち位置は、総合的に見てSM時代とあまり変わってないとするのが私の結論である。つまり

USMでもサメハダーは強い(確信)

なら使え

 

最後にサメハダーと各種トップメタポケモンとの有利不利関係を雑に記して締めます。語彙力の関係で詳しく聞きたい人はキャスなどで直接聞いてください()

*あくまで私の経験側による暫定的なもので、状況に応じて有利不利対面はひっくり返りうるので注意

 

・有利

ランドロスカプ・テテフメタグロスガブリアスアーゴヨンラティオスラティアスグライオンetc

 

・基本的に有利

ボーマンダ(威嚇、龍舞等に注意)、ギルガルド(キングシールドに注意)、ゲンガー(身代わりに注意)、バシャーモ(先に加速されないよう注意)、ボルトロス(Z技や高速移動に注意)、カプ・コケコ(Z技、スカーフに注意)、ルカリオ(真空波に注意)etc

 

・基本的に不利

ミミッキュ(皮をあらかじめはがせた場合はその限りではない)、テッカグヤ(受けだしは許さない)、ドヒドイデ(熱湯火傷を引かなければ押し切れる)、ドリュウズ(砂かきの場合注意)etc

 

・不利

ナットレイポリゴン2カプ・レヒレクチートマリルリギャラドスキノガッサetc

 

最後まで読んでくださりありがとうございました