水タイプ統一で挑んだECC【身内大会】

おはようございます。ともちんです。

今回ECCというメタゲームの身内大会に参加してきたのでそちらのレポートとなります。量が多いのでなるべく簡潔に書きました。

 

概要はこちら

ch.nicovideo.jp

 

以下常態

 

今回自分はタイプ統一で挑もうと考えた。理由は

・純粋に面白そうだったから

・自分のやりたいことを押しつけるという私のスタイルに合っていると考えたから

・自由枠の幅が広いルールなので、統一ならある程度来そうなポケモンの種類を狭められそうと考えたから

・知り合いと当たった際、私がタイプ統一を使ってる印象が薄いはずので身内読みをされにくいかもしれないと思ったから

 

とこんな感じ。面白そう9割その他1割

 

今回選んだのは水タイプ。単体でも強いポケモンが多く弱点が少ない、型の豊富なポケモンが多いことからこのタイプを選んだ。

そしてオークション結果がこちら。

f:id:tomotinsumaho:20190508124815j:plain

1巡目:ラグラージ

→本命はギャラだったが抽選漏れしてしまったため半ば仕方なく選んだ。電気の一貫を切るため、雨エースとしても起点要員としても使えるためいずれはパートナーズに加える予定だったので想定内ではあった。

 

2巡目:マリルリ

ゲッコウガを指名するもまたもや抽選漏れ。その上レヒレやヤドランまでとられて予定を大きく変更せざるを得なくなった。このままだと草タイプに殲滅されてしまうため苦肉の策で5のカードを切って投入。これでとれなかったら地面統一にしてたと思う。

 

3巡目:ペリッパー

→正直2巡目まででとりたかったポケモンが軒並みいなくなってしまったので使い慣れてるポケモンを選択した。ペリラグの並びを見せること自体は有効であるとは思うし、他の有用そうなポケモンは自由枠でとればいいと判断した。

 

4巡目:ヤドキング

→ここまでの結果がどうであれ5巡目でオクタンをとることは考えていたため、この枠は余ったポケモンから補完がとれるよう選ぶ予定だった。本命はヤドランだったがヤドキングでもやりたいことは大体できると判断したのであまり迷わなかった。

 

5巡目:オクタン

→困ったらこいつ投げときゃええやろ。

 

 

予選1戦目 VSさふぁいあ氏

f:id:tomotinsumaho:20190508125752j:plain

パッと見水技の通りがよい+オクタンでゴリ押せそうという印象。雨に対してはバシャで加速して草Zorヤドランで受けるのが定石か。

水タイプに明確に強いポケモンがいないため、自由枠には草もしくは電気タイプが来ると予想。

 

バシャーモ

→恐らくラグ意識の草Z型。オクタンを意識するなら剣舞や二度蹴りもありか?

 

・ヤドラン

→メガの物理受け。オクタン対策のスキスワもありそう。

 

・エーフィ

→草結び+スキスワ搭載型。でもヤドランでいい気がする。

 

ホルード

→電気Zだろうけど雨にもオクタンにも強くはないので出しにくそう。

 

レジスチル

→こちら視点ではかなり面倒だけど向こうからも刺さってないし来なそう。

 

こちらPT(赤字は自由枠

意地HAマリルリ@オボン

じゃれ/太鼓/アクジェ/アクブレ

普通のマリルリ。基本的にこの子を通して勝つ。

 

腕白HBパルシェン(防塵)@バンジ

氷柱/アクブレ/毒々/撒菱

基点作成要員。ガッサ意識で防塵+回復木の実持ち。撒菱でマリルリのサポートを行う。毒々はヤドラン意識。

 

控えめHCヤドキング@リンド

熱湯/サイキネ/トリル/光の壁

基点作成兼アタッカー。基本は壁とトリルを駆使してマリルリやオクタンのサポートを行いつつ隙あらば自身も責めていく。

 

穏やかhbdオクタン@残飯

熱湯/エナボ/身代わり/守る

裏エース。どうしようもなくなったら投げる。

 

ペリラグ:魅せポケ

 

見せ合い

f:id:tomotinsumaho:20190508131741j:plain

選出:パルシェンマリルリ+オクタンVSラプラスバシャーモ+ヤドラン

勝ち

 

自由枠はラプラス。予想と少し違った。

選出はかなり迷ったがオクタンマリルリのエース2体構成の方がいいと判断。マリルリがじゃれ外しからのフリドラで凍る等の悲劇に見舞われたが初手パルシェンの毒々が功を奏しラプラスをどうにか突破。その後オクタンがムラムラして運勝ち。

 

 

予選2戦目VS Bana氏

f:id:tomotinsumaho:20190508132408j:plain

面倒なポケモンが多すぎる。雨もムラっけも通りが微妙すぎるので自由枠を上手く使うしかない。

自由枠は全くわからん。とりあえず草と電気の対策はしておきたい。

 

・ガルーラ

→信頼してそうだし多分来る。猫で雨ターン稼いだりオクタンにも強い。ノーマル技/猫/雷P/@1が濃厚か。

 

ウルガモス

→草Zがあるがさすがに出しにくそう。

 

フェローチェ

→Sブーストからのめざ草とかしてきそう。蝶舞さざめきでオクタンが4ぬ。

 

・ヌオー

→ラグを止める物理受け。でも自由枠+ドヒドイデの方が安定しそう。

 

ドヒドイデ

→ラグを自由枠で止めてきそう+ヤドキングが通ってないので面倒な相手。一応オクタンの基点にはなるのでそこで誤魔化せればいいのだが…

 この子を倒すために通せんぼう恨み輝石ヒドイデとかいう魔界ポケモンを考察したがガルーラが受からないという衝撃の事実が明らかになりやめた。

 

こちらPT

意地hasゲッコウガエスパーZ

けたぐり/影撃ち/雪崩/神通力

ヌオー以外に大体通りそうな自由枠。穴を掘るZでいいことに対戦直前に気付いた。

 

図太いHBペリッパー@ゴツメ

熱湯/羽休め/毒々/蜻蛉

ガルーラを受けつつ蜻蛉でサイクルを回す。ヒトデは他で見るため暴風は切った。

 

控えめHcdヤドキング@タンガ

熱湯/サイキネ/ショック/トリル

ガモスやフェローチェに対するカウンター。エスパー技の通り自体はいい。

 

控えめHCオクタン@チョッキ

熱湯/エナボ/放射/サイキネ

役割対象はヤドキングと大体同じ。ムラっけで相手に負担を与える。

 

メガラグ+草食マリ→自由枠でめっちゃキツいのが来たら。

 

見せ合い

f:id:tomotinsumaho:20190508134328j:plain

選出:ゲッコウガ+オクタン+ペリッパーVSガルーラ+ドヒドイデ+オニゴーリ

負け

 

自由枠はオニゴーリ。完全に想定外。

ガルーラをペリで誤魔化しつつオクタンとゲッコウガを上手いこと通していく作戦をとるものの、ガルーラにオクタンを突破され毒菱からゴーリでみがまもされて降参。

完全に作戦負け。

 

 

予選3戦目VSさらだばー氏

f:id:tomotinsumaho:20190508134808j:plain

面倒なポケモンは多いが相性は悪くない。モロバレルエンペルトの処理さえ上手くいければこちらが有利な展開に持ち込めるはず。

自由枠は相変わらずわかりません;:

 

ジュペッタ

→ダスト/道連れ/挑発/@1と予想。誰かが1:1とられることを前提に考えるべき。

 

ジャラランガ

→ジャラZの通りはいいがこちらの自由枠(後述)的に出てこなそう。

 

モロバレル

→ラグのストッパーになるがヤドキングペリッパーに一致弱点突かれたりオクタンの起点になったりするので悩ましい。選出されるかは五分五分か。

 

エンペルト

→ほぼ来る。草結びに加えステロ吠えるでオクタンを流せるので要注意。

 

・真昼ルガルガン

→来ない。

 

こちらPT

穏やかhbdオクタン@残飯

熱湯/冷B/身代わり/守る

1戦目で使った固体とほぼ同じ。余裕があるので基本初手に投げる。

 

控えめHCカプ・レヒレ@ゴーストZ

波乗り/ムンフォ/こご風/シャドボ

ジュペッタ&ジャラ対策ポケ。オクタンがジャラと対面してしまった場合に投げる。

お見通しでZがバレないようにするのが大事なので極力初手では投げない。

 

控えめCSラグラージ@珠

大地/ドロポン/吹雪/気合い玉

バレル&エンペ対策ポケ。技当ててな。

 

慎重HDマリルリ(草食)@ウイ

熱湯/滅び/毒々/守る

自由枠に耐久ポケが来たら出すかもしれない。オニゴーリの影に怯えてる。

 

眼鏡ペリ+イバンヤドキング→以下略

 

見せ合い

f:id:tomotinsumaho:20190508140510j:plain

選出:オクタン+カプ・レヒレ+マリルリVSジャラランガ+ジュペッタ+オニゴーリ

勝ち

 

ま  た  お  ま  え  か

だが今回は滅びマリを持ってきていたので落ち着いて選出を変更。先発に出てきたジャラをレヒレで冷静に処理した後、ジュペッタ対面で相手は受からないと判断して迷わずZを切る。道連れで1:1とられるもマリルリのラス1滅びでゴーリを処理して無事勝利。

 

 

予選4戦目VSてぃえこ氏

f:id:tomotinsumaho:20190508134708j:plain

ジュモクどうすねん。マンダも地味に辛いし。

ジュモクのことで頭いっぱいで自由枠まで考慮できんかった()

 

ボーマンダ

→メガな気もするし他の持ち物な気もする。要するにわからん。

 

デンジュモク

→電気技と草技撃たれ続けて全員4ぬ。100%出てくるし逆に起点にしたろ。

 

ブラッキー

→ラグ受けになるがそんな単純な型では来ない気もする。お祝いバトンジュモクなんて来た日にゃ泡吹いて倒れるレベル。

 

オニシズクモ

→面倒だけど相手視点からの刺さりも微妙そう。オクタンにも弱い。

 

ゴウカザル

→挑発でオクタンを妨害したり猫で雨ターンを稼いだりと意外と厄介。

 

こちらPT

臆病HSマリルリ@襷

こご風/甘える/光の壁/アンコール

自由枠及びオクタンを通すための起点作成要員。PTがキツすぎるのでこちらのやりたいことを押し通すしかない。デンジュモクをロックできればベスト。

 

控えめhCsマンタイン@弱保

波乗り/冷B/高速移動/泥遊び

今大会一番の地雷にしてエース。ジュモクをおびき寄せてマリルリのこご風+壁から泥遊びで弱保発動させて全抜きする。壁+泥遊び下なら下手な10万は2発耐える。

 

穏やかhbdオクタン@残飯

熱湯/冷B/身代わり/守る

最終兵器いつもの

 

他魅せポケ

 

見せ合い

f:id:tomotinsumaho:20190508142206j:plain

選出:マリルリ+マンタイン+オクタンVSデンジュモク+キュワワー+ボーマンダ

負け

 

自由枠はキュワワー。想定外オブ想定外。

初手にマリジュモク対面を作れるも襷を見てキュワワーに変えられ挑発で基点阻止されて瞑想を積まれるハメに。マンタインで凍らせたりムラっけで誤魔化したりと足掻くも届かずそのまま積まれキュワワーに3タテされる。

 

 

予選5戦目VS殻猫氏

f:id:tomotinsumaho:20190508182927j:plain

めっちゃギミック詰め込んできそう+ラティが辛い。雨の通りはそこそこ。

自由枠はなんか変化球投げてきそう。要するにわかry

 

ラティオス

→こちらから一撃で倒せるポケモンがいない。壁置き土産やめて。

 

ペンドラー

→多分来る。毒菱撒いてこちらのギミック潰したり分身したりしそう。

 

ドリュウズ

→来ない。ドリル撃ってきたら2階から飛び降りる。

 

ガオガエン

→雷Pで打点を持てたりラグに威嚇入れたりDDラリアットでオクタンに強かったり。ただやはりこちらが水統一ということもあって出しにくいか。

 

ニョロトノ

→恐らくギミック対策枠。来なそう?

 

こちらPT

当初は自由枠グソクムシャでトリルマジルヤドキングからの鉢巻剣舞グソクムシャというギミックで行こうとしたが、ヤドキングがマジルを覚えないことに対戦3日前に気付き没に。なんでトリルワンル覚えるのにマジルだけ覚えないねん。

 

臆病CSスターミー@襷

サイキネ/電磁波/こご風/高速スピン

起点作成兼起点回避要員。ペンドラー対面を想定しておりサイキネ+散り際に高速スピンで毒菱のケアをし、裏のポケモンに電磁波を入れられれば完璧。

 

慎重HDマリルリ(草食)@電気玉

投げつける/こご風/じゃれ/アクジェ

起点作成要員②。大体の攻撃を1発耐えて電気玉投げつけるでオクタンに繋ぐ。アクジェは襷まで削れたペンドラーを倒すために採用。

 

いつものオクタン

 

ほか

 

見せ合い

f:id:tomotinsumaho:20190508184339j:plain

選出:スターミー+マリルリ+オクタンVSペンドラー+ニョロトノ+ルンパッパ

負け

 

自由枠はルンパッパ。普通にやべえ。

サイキネ+アクジェでペンドラーを処理するも、裏から出てきたニョロトノに毒を撒かれそのまま毒まもで相手のペースに。頼みの綱のオクタンも毒らされて裏のルンパッパにしごかれて負け。

グソクやったなあ…

 

 

予選6戦目VS Saltn氏

f:id:tomotinsumaho:20190508184702j:plain

今までの人たちと比べると露骨に水技の通りがいいので絶対に対策してくる。

個人的には水or草ロトムでラグを止めつつサイクルを回してくると予想。

 

サーナイト

→優先度は高め。トレースで雨ラグの上をとれたりオクタンにも強い。

 

・カプ・コケコ

→絶対来る。襷でも眼鏡でもスカーフでもZでもなんでもありやん。

 

ワルビアル

→威嚇やステロを撒けたりするが他を抑えてまでは来ないだろう。

 

クロバット

→すり抜けでオクタンの対策ができ、追い風で雨に対抗もできる。自由枠にもよるがギガドレで打点も持てるので出てきそう。

 

・Aガラガラ

→来ない。

 

こちらPT

臆病HSラグラージ@リンド

ステロ/こご風/我武者羅/ヘドウェ

起点作成。ステロさえ撒ければOK。

 

臆病CSオクタン@襷

波乗り/冷B/ヘドウェ/エナボ

先発もしくは裏から投げて1体持って行ければ上出来。ムラっけ次第では裏まで思う存分荒らしてもらう。技構成はロトム意識。

 

意地HAシザリガー@鉢巻

クラブハンマー/叩き/雪崩/アクジェ

エース。この子のアクジェ連打で勝てる状況を作り出すのが理想。血迷って雪崩入れてるけど絶対馬鹿力の方がいい。

 

意地HAマリルリ@珠

じゃれ/アクブレ/アクジェ/太鼓

太鼓マリの持ち物変えただけのやつ。シザリガーと役割集中でアクジェ撃ちまくる。

 

あまり

 

 

見せ合い

f:id:tomotinsumaho:20190508185823j:plain

選出:オクタン+シザリガー+マリルリVSクロバット+シャワーズ+カプ・コケコ

勝ち

 

自由枠はシャワーズ。少し予想とは違ったが悪くない。

ラグは出さなくてもよさそうなので他3体を選出。クロバットにオクタンが毒を入れられるが返しの冷Bでクロバットが凍る。相手はシャワーズに交代しながらじわじわ削ってくるが交代読み冷Bでクロバットを突破。死にだしシザリガーの叩きで交代してきたコケコの体力を大きく削って倒し、ラストのマリルリVSシャワーズ。シンクロノイズで大きく削られるも珠持ちが功を奏しじゃれつくで押し切って無事勝利。

 

 

以上、予選は3勝3敗でまあまあの戦績だったが予選落ち。

水タイプ統一は初めて使ったが我ながらそこそこ上手くいった方ではないだろうか。てかオクタンが強かった。

まだ試合ある人は頑張ってください☆(>ω・)

 

関係ないけど6試合中3試合誰かが凍ってるのやばいだろ

【S14使用】電気玉ゲッコウガ入り純正ジャロゴーリ【最高2012】

おはようございます。ともちんです。

1シーズンぶり、オニゴーリ入りでは初のレート2000達成です。

むっちゃ嬉しい。

 

f:id:tomotinsumaho:20190401023506p:plain

f:id:tomotinsumaho:20190401024144j:plain

 

 

☆構築経緯☆

前半ずっとメガギャラ軸で潜っていたが、襷ミミッキュと多く遭遇したのでなかなかレートが上がらなかった。だがそれならゴーリが刺さるんじゃないかと判断して思い切って方向転換したところこれが功を制し無事2000に乗せることができた。

使い慣れたジャロゴーリクレセミミまでは確定。メガ枠は電気の一貫を切るためリザXを採用し、ラストは悩んだが電気玉ゲッコウガの強さに惚れたので最終的にこれを採用した。

 

ゴーリ以外のポケモンが全体的にパワー不足なため、多少不利でも強引にゴーリを通すことを心がけていく。選出誘導力が高く強気な選出や立ち回りがしやすかった。

 

 

☆個体紹介☆

f:id:tomotinsumaho:20190401030854g:plain

リザードン@リザードナイトX

ようき ASぶっぱあまりB

フレアドライブ/げきりん/ニトロチャージ/つるぎのまい

 

本構築のメガ枠。個体は2年ぐらい前に今は亡きふれっどにもらった。

ヒレドランが流行してて逆鱗を撃てない場面が多すぎたのであまり活躍させてあげられなかった。おかげでドランをゴーリで見ないといけない場面が多かったので変更するなら恐らくこの枠。選出率最下位。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20190401031228g:plain

ゲッコウガ@でんきだま(へんげんじざい

おくびょう HSぶっぱあまりB

なげつける/こごえるかぜ/どくびし/ちょうはつ

 

お馴染みの電気玉ゲッコウガ

速いので妨害されにくく、挑発による起点回避もできるので刺さるときはかなり刺さった。耐久は一致等倍及び不一致弱点なら大抵耐えるが、所詮ゲッコウガの耐久なのですぐ落ちてくれて起点作成→早期退場の流れが作りやすい。メガライボルトのボルチェンやガッサのマッパも耐えるので基本的に仕事はできた。

バシャ入りには積極的に選出して毒菱を撒くことでオニゴーリで対処しやすくなる。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20190329092343g:plain

オニゴーリ@たべのこし

おくびょう H172 B36 C4 D44 S252

フリーズドライ/ぜったいれいど/みがわり/まもる

H:16n+1

S:最速

余り適当でDL対策

 

このゲームの真理。選出率100%。

構築的にゴーリを通しにいくことがバレバレなので相手の選出や行動を1点読みして強気な行動をしていくことが多かった。ミスってもクレセで再展開できるのでよほど運が悪くなければ負けなかった。最悪でも3割の勝ち筋が残るのは強い。

ゴーリ絶対選出でも普通に勝てるとかやっぱこいつつええわ。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20190401032413g:plain

クレセリア@ゴツゴツメット

こごえるかぜ/でんじは/つきのひかり/みかづきのまい

ずぶとい HBぶっぱあまりD

 

物理受けという名のクッション。ほぼほぼゴーリ専用ポケセン

単純にグロスリザバシャ受けにもなるが反面起点にされやすいポケモンでもあったので刺さってるからと言って安易に投げると痛い目に遭うことも多かった。

月光乱舞でゴーリが回るの煽り性能高いと思う。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20190401032804g:plain

ジャローダ@きあいのタスキ

おくびょう H52 B164 C36 D4 S252

リーフストーム/へびにらみ/みがわり/やどりぎのタネ

 

こちらの調整をパクらせていただきました。(転載許可はいただいてます)

(ちなみにこの構築は全体的にルカさんの構築をパk…参考にして作っている)


lucagori.hatenadiary.jp

 

詳しいことは引用元の記事に書いてあるのでそちらを参照。行動保証と安定した麻痺撒きがあり先発性能がとても高くて使いやすかった。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20190401033205g:plain

ミミッキュ@ミミッキュZ

じゃれつく/かげうち/つるぎのまい/でんじは

いじっぱり ASぶっぱあまりH

 

いつもの。この子がいないとジャラアゴに積まれてみんな4ぬ。

気付いたら剣舞積んでゴーリに並ぶエースになってた。強かった(鼻ホジ)

 

 

☆選出☆

f:id:tomotinsumaho:20190401162332p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401162508p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401162607p:plain

基本選出。迷ったらとりあえずこれ。

初手ジャロで麻痺を撒いた相手をゴーリで起点にし、厳しそうなら一旦クレセを挟んで再展開する。

 

f:id:tomotinsumaho:20190401162920p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401162508p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401162607p:plain

身代わり持ちのマンダやアゴなどジャロでは不利対面になりそうな場合や毒菱が通ってるとき。

 

f:id:tomotinsumaho:20190401162332p:plainorf:id:tomotinsumaho:20190401162920p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401162508p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401163146p:plain

リザが通ってるときや、ハッサム入りに対して。

 

f:id:tomotinsumaho:20190401162332p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401162508p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401163315p:plain

クレセの通りが極端に悪い場合や、剣舞ミミッキュでゴリ押せそうな相手のとき。

 

f:id:tomotinsumaho:20190401162508p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401163146p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401163315p:plain

f:id:tomotinsumaho:20190401163557p:plainf:id:tomotinsumaho:20190325031423p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401163716p:plain系統の並びに対する選出。

初手ゴーリで無理矢理ランドを削るor処理して裏の2体で釣りだし等を駆使しながら強引に突破していく。

受けル相手にも同じような選出を行い、初手から零度をぶっぱなしていた。

 

f:id:tomotinsumaho:20190401162920p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401162508p:plainf:id:tomotinsumaho:20190401163315p:plain

クチート軸に対しての選出。

ゴーリを通すと言うよりは毒菱+みがまもで削ってラストにミミッキュで〆るような立ち回りになる。ガッサに対しては毒菱が擬似的なステロになるので上手くやればミミで一掃できた。

ただゴーリ対策が薄そうな場合はクレセを出すこともある。

 

 

オニゴーリ入りの構築は今までもいくつか使ってきたが、選出率100%で2000を達成できて本当に嬉しい。どうしても欲しかった運だけマンの称号がそろそろ与えられるんじゃないかな。気軽にそう呼んでください()

多分これからもゴーリは使います。もっと色んな構築で試してみたいです。

 

 

最後にちょっとだけ宣伝

ようつべで動画投稿してるんですけど、本構築での対戦の模様を近日アップロードしたいと思います。ゴーリの通し方等の参考になれば幸い。

あがったらURL貼っておきます。

 

4/5あがりました

youtu.be

 

 

あとこいフラの可愛さを伝えるMMD動画も出してるのでよかったらどうぞ。

むしろポケモン動画よりこっちがおすすめだよ♡

www.youtube.com

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。

オニゴーリは第8世代で弱体化されるのか?【妄想】

クソ記事です。内容はタイトルの通り。長文、乱文予め注意。

 

f:id:tomotinsumaho:20190329092343g:plain

一応初めにことわっておくと、これはオニゴーリを取り巻く環境を客観的に分析して書いたものであり、オニゴーリを擁護するために書いたものではない。見た目はそんなに好きじゃねえし

あと客観的にとは言ったけどあくまで未来の出来事について書いたんでどうしても憶測で語る部分が多くなるのは目を瞑っていただきたい。

 

 

僕の考えを端的に述べると、「そんなに」弱体化されることはないんじゃないかな、というのが結論。(実際はわかんないけどね)

 

正確に言うと、零度の弱体化とか環境の変化で間接的にオニゴーリが痛手を負うことにはなるかもしれないけど、ムラっけの弱体化みたいなオニゴーリ自身に直接影響のある弱体化のされ方はないんじゃないかな、って感じ。

まあ交代際にムラっけが発動しない、程度ならあり得るかも。

 

 

そう思う理由としては二つあって、1つ目はオニゴーリとムラっけが切っても切れない関係にあるということ、2つ目はオニゴーリが対戦環境に与える影響が関係しているということ。

 

まず1つ目について。これに関しては今更詳しい説明がなくてもなんとなく言ってることはわかると思う。要するに「オニゴーリからムラっけ取ったら何も残らないよね」って話。

何も残らないっていうのは極端な言い方だけど実際そんなもんだと思う。氷単体で種族値平坦、覚える技もそれ自体特別優秀なわけではないこのポケモンがトップメタ同士との対戦にもついて行ける要因は絶対にムラっけ以外の何でもない。

このポケモンにゲーフリがどういう意図を持ってこの特性を付与したかはわからないけど、少なくともそれまで見向きもされなかったオニゴーリに突然強特性がつくってことは、オニゴーリが可哀想だとかそういう感じの感情が少なからずあったんじゃないかなとは思う。もしそういう慈悲の心があって強化されたのであればそれを簡単に弱くしたり、あまつさえ取り上げたりなんてことはさすがに容易にはしづらいのではないか。

またこんな意見もあるかもしれない。でもオニゴーリは他のムラっけポケモンたちと違ってメガシンカがあるじゃないか。仮にムラっけがなくてもそっちで活躍できる可能性があるんじゃないの?って意見。

もちろんその意見自体は何も間違ってない。

ただ現実として、ネット対戦で使われているオニゴーリ全体に占めるメガシンカの割合は極端に低い。バシャーモやヤドランみたいなメガシンカなしでも汎用性があるポケモンと比較してもその差は歴然で、トレーナーの認識としてオニゴーリ=メガシンカの印象は限りなく薄いのが現実だ。

なぜか?理由は人によって様々かもしれないが端的に書けば「メガオニゴーリは強くないから」というのが一番簡単な答えだろう。通常のゴーリみたいな運勝ち性能があるわけでも、すごく強い技を覚えるわけでもないし、種族値だって他のメガシンカポケモンと比べたら控えめな方だ。当然大爆発の超火力みたいな独自の利点は持ってるけど、それを踏まえても現実の評価はこんなもん。

そんな中でムラっけだけ弱体化されたらどうなるか?その内容にもよると思うがもし通常のオニゴーリが対戦では使えないという烙印を押されたならば、このポケモンのとれる選択肢は自然とメガシンカに寄るであろう。しかし前述の通りメガオニゴーリには対戦環境に打撃を加えられるだけの強さを現状持ち合わせていない。第8世代の対戦環境がどうなるかは全くわからないが、少なくともゲーフリがそんな中で特定のポケモンの選択肢をただ狭めるだけの調整をするとは考えにくい。

これが一つ目の理由。後半少し強引な結論の導き方になってしまったが、それに関しては二つ目の理由で補足するので今は読み飛ばして構わない。

 

 

では二つ目の理由。オニゴーリが現環境に与えている影響について。

このポケモンはムラっけという特性により強大なポテンシャルを秘めていながら、ネット対戦における使用率は上位30位以内に入っていない。これを高いと見るか低いと見るかは人それぞれだと思うが、僕はこのデータだけで見ればオニゴーリが対戦環境に多大な影響を与えている、というのは少々疑問、つまるところ制作側がわざわざ調整を入れる必要性は薄いというのが個人的な見解だ。

なぜこの程度の使用率に留まっているのか?理由はこれも様々だが、よく聞く意見としては運に頼る部分が多いので安定しないから、単純に嫌われているから、上手い人はみんな対策してるから、というのが多い。

運に頼るから安定しない、というのが的を射ていると判断するかどうかは人による。そもそもポケモンと運の要素は切っても切れない関係にあるというのは周知の事実であり、それを利用するかしないかは完全に個人の裁量に委ねられるからだ。だからこの考え自体はオニゴーリ弱体化へのキーとして与える影響は低い。嫌われているというのも同じようなものでこのへんはあくまで個人的な感情の延長線上であり、それがゲームバランスを崩しているというのは(少なくとも制作陣に対しては)少し言い過ぎな話だ。

昔読んだ記事の言い方を借りれば、今のオニゴーリを取り巻く環境というのはオニゴーリを嫌うプレイヤーたちが対策することを諦めオニゴーリは悪であるという風潮を作り上げることによってできたものであり、それで完結してしまっている以上ゲーフリがわざわざ手を煩わせる必要はあるまい。

対策に関しては僕が前に見た記事に詳しく書いてあるのでそちらを参照(露骨な宣伝)

tomotinsumaho.hatenablog.com

まあトップメタである程度抑えられているなら調整入る必要はないんじゃね?って話

 

第7世代に入って弱体化された例を見ると、大半は環境のトップに君臨し猛威を奮っていた者たちである。現状オニゴーリに当時のガルーラやファイアローボルトロスに匹敵するほどの影響力があるかははっきり言って疑問である。

特に悪戯心や疾風の翼に関しては優先度というターン制のゲームではどうやっても超えられない壁の向こう側にあったものであり、その概念そのものに対策のしようがなかったので調整が入ったと考えられる。ムラっけはその点運でなんとかなると考えれば調整が入るには根拠が弱いんじゃないだろうか。

むしろ運要素に大きく左右されるこの特性を活かすか殺すかはトレーナーの裁量次第であり、それを差し置いても構築や立ち回りの時点での対策が可能であるから、やっぱりわざわざ調整入れるんかな?って話に戻る。

 

これ以上書いても同じことの繰り返しになりそうなんでここまで。

色々書いたけど結局はトレーナーの裁量ってとこにこの記事は落ち着いた感がある。

まあこれはあくまで僕個人の意見にすぎないし、未来のことはトレーナーにはどうしようもないから調整入ったら入ったでその環境でなんとか頑張ります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事炎上したりせんよな?頼むから真に受けないでな?()

オニゴーリ使いから見た辛いポケモンリスト(使用率上位+α)

おはようございます。ともちんです。

ブログ名とアイコン変えてみました。こっちの方が僕らしい感じがするので。

 

今期遂にオニゴーリ入りでレート2000突破できました。構築記事は後であげますが、シーズン終盤というのもあってオニゴーリに苦戦してる人も多いみたいなんでかなり使い古された内容ではありますが対策になりそうなポケモンを使用率上位を中心に並べてみようかなと思うので参考になれば幸いです。

技はフリドラ零度みがまも型を前提とします。

 

注意:ガッツリ僕の主観です。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325024628j:plain

↑サムネ用。実は見た目はそこまで好きじゃない

 

f:id:tomotinsumaho:20190325025120p:plain

→ぶっちゃけどの型もめんどい。呪い搭載は勿論だが、剣舞型も影撃ちやZが普通に痛いわ皮で零度透かされるわDがそこそこあるせいでフリドラあんまり入らんわで極力当たりたくない。(使用率1位という絶望)

 呪いは引っ込めればなんとかなるので個人的には剣舞の方が嫌。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325025532p:plain

→聖剣や身代わり持ちが嫌。聖剣に関しては零度当てないと無理。
 身代わり残飯はPP枯らされるけどクレセがいればある程度カバーできる。

 麻痺が入れば試行回数稼げるのでなんとかならないこともない。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325025854p:plain

→種ガンで身代わり貫通されてマッパで死ぬ。

 Bか回避上げないと結構キツい。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325030106p:plain

→最近増えてる気がする。身代わり搭載は地獄。

 ステロ吠えるで裏共々疲弊されるので零度撃ちまくる。

 それ以外のアタッカーなら麻痺が入れば基本有利(ニトチャは知らん)

 

f:id:tomotinsumaho:20190325030406p:plain

→こいつ単体というより並びがめんどい。ゴーリ入りは取り巻き含めヒトムが重いことが多いので釣り出し等を駆使しないと難しい印象。

 上からオバヒも下からボルチェンもやめて。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325030658p:plain

→フリドラ通らない勢。身代わり虫Zはもれなく死ぬ。

 ゴーリ入りはガモスをミミッキュあたりで強引に見ていることが多いので対策枠さえ上手く処理できれば舞ってeasy winできる印象がある(主は使ったことないのでわからん)

 

f:id:tomotinsumaho:20190325030940p:plain

→見えたら極力ゴーリは投げたくない。波動弾は心の底からやめてください。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325031153p:plain

→ハイボはアカン。上から捨て身も勘弁。

 身代わりや竜舞の択も発生するのでめんどいがフリドラが通るのでなんとかなる。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325031423p:plain(なぜかメガのアイコン見つからなかった)

→こいつも単体でキツいというより並びでキツい。

 正直そこまで強くはないと思うけど運に委ねられる相手なので辛い。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325031706p:plain

→はい。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325031740p:plain

→守る身代わり貫通で全能力上昇はズルすぎませんか???

 Dや回避を上げたり、Zを裏で透かせればある程度ゴーリでも見れるようになる。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325032036p:plain

→上から殴られて合唱。起点役も蜻蛉で逃げられる。

 さざめきは考慮しませんあっても避けます。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325032244p:plain

→頑丈で零度が効かずステロ吹き飛ばしで回される。

 クレセがいないと苦戦する。カバは零度が効く分楽。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325032432p:plain

→身代わり守るがあると簡単にPP枯らされる。エンテイライコウも同様。

 吠えるの搭載率も高いので基本的にゴーリ側が不利。

 

 

☆対策できてそうだけどそこまで辛く感じないポケモン

*対面自体は不利になるのがほとんどなので基本的に身代わりが残ってる前提。麻痺が入っていればより有利。また100%ゴーリ側が有利なわけではないので簡易的な対策としては悪くないです。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325033327p:plainf:id:tomotinsumaho:20190325033341p:plain

→身代わりが残った状態からならこちらのSが上がらなければ下からみがまも連打が安定するので基本有利。最悪3割で突破できる。当然対面自体は不利。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325033554p:plain

→正直リザ以上に有利な相手だと思ってる。リザはニトチャ当てないとSが上がらないのに対しこちらは勝手にSが上がっていくのでこちらも連続でSを上げない限りは下からみがまもで試行回数を稼げる。Zやバトンには注意。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325033836p:plain

→滅び持ちはダルいが、見せ合いの時点である程度予測できるので交代読み零度を当てられれば突破可能。大概2~3回は撃つチャンスがあるので基本こちらが有利。読み切られると厳しいので安定はしないが。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325034149p:plain

→こちらも身代わりが残ってればSが上がらない限り下からみがまも可。

 積み技がない分Bや回避アップの勝ち筋もあるのでよほど運が悪くなければ大概はなんとかなる。グロパン?爪研ぎ?知らんな

 

f:id:tomotinsumaho:20190325034339p:plain

→C上昇なしのフリドラで大概確定2発なので身代わりがあれば基本負けない。

 ただしZで身代わりを割られると少し厳しくなるので注意。

 

f:id:tomotinsumaho:20190325034620p:plain

→D・回避アップのほか上から零度の勝ち筋があるので割となんとかなる。

 滅びがあるときとトリルを交えられたときは話が別。

 

 

勢いで書いたので漏れがあっても気にしないでください(シャンデラヘラクロス等使用率がそこまで極端に高くなくて明らかに対策できそうなポケモンは省いてあります)

 

この後立ち回りとかについてのコラムも書こうと思ったんですが下書きがごちゃごちゃになったのでやめました()

 

オニゴーリの単体考察に関しては僕以外にもたくさんの方があげているので、それらもぜひ参考にしながらオニゴーリについて考えてもらえれば幸いです。

【単体考察】レートで勝てるチラチーノの使い方

おはようございます。ともちんです。

今日はバレンタインデーですね。愛する人にチョコ等をプレゼントする日です。

そういうわけで(?)今回は僕の嫁ポケであるチラチーノをプレゼンしていきます。口足らずですがよければ見ていってください。

 

↓サムネ用

f:id:tomotinsumaho:20190214140118j:plain

 

0,はじめに

タイトルにもありますが今回考察するのは「強い」チラチーノではなく、「勝てる」チラチーノです。

Wikiやポケ轍には数多くのポケモンの型が乗っています。さすがに全てのポケモンまでは把握してませんがチラチーノに限って言えばそれらに乗ってる型は様々な観点からこのポケモンを考察しており、一部のネタ型を除けば「強い」型に分類するとは思います。しかし「強い」型=「勝てる」型ではありません。「強い」型というのはあくまでチラチーノというポケモンそのものの無限にある育成の仕方の中から導き出せる答えの一つです。ですが実際の対戦で使われるポケモンチラチーノだけではありません。700種類以上いるポケモンたちがそれぞれの持ち味を活かして戦う場がポケモン対戦であり、その環境に適応したものでなければどんなに机上論で「強い」型であっても対戦において結果を出すことはできません(もちろん実際は700以上のポケモン全てに勝てる必要などありませんが)。

「強い」型ならネットで探せばいくらでもあります。しかし実際に「勝てる」型はその中のほんの一握りです。チラチーノは(後述しますが)トップメタのポケモンたちと比べると決して強いポケモンとはいえず、故にレートでの使用率も低いため実用的なデータが少ないのが事実です。僕自身もチラチーノをBWの頃から使い続けてきました(レートに本格的に潜り始めたのはORASからですが)が、どんなにネット上で「強い」と言われた型であっても実際に手応えを感じた型はほとんどありませんでした。

これらの理論、経験を踏まえ今回の記事はレート対戦で「勝てる」チラチーノの考察をしていきたいと考えてます。軽く触れましたがチラチーノ自体の有益なデータが少ないことや、僕自身のチラチーノ歴自体もそこまで長くないことから、全ての「勝てる」チラチーノに言及できるわけではないことを予めご了承ください。

 

 

1,チラチーノの基礎知識

f:id:tomotinsumaho:20180313014052p:plain

タイプ:ノーマル 特性:テクニシャン/メロメロボディ/スキルリンク(夢)

75-95-60-65-60-115(計470)

 

ASがそこそこで、他は低め。合計種族値も低いです。

チラチーノの個性といえば、夢特性スキルリンクと相性のいい連続技を3つ覚える(同特性持ちではエテボースと並んで最速)こと。アンコールや蜻蛉返りといった小回りのききやすい技を覚える、といったあたりでしょうか。

連続技は範囲こそ狭いですがサブに叩き落とすやダストシュート、アクアテール等ノーマルタイプならではのレパートリーを持っているため、選択肢はそれなりです。

 

 

2,レート対戦におけるチラチーノの評価

結論から言うと、対戦におけるチラチーノの評価は低いです。

理由としてはまず種族値の低さ。特に耐久は単ノーマルの耐性のなさも伴って数字以上に低いです。

ではSの高さを活かして上から殴ればいいのでは、と言いたいところですがS115というのは今の環境では特別速くはないのが現実。7世代からメガシンカ後のSがメガシンカするターンから適応されるようになり、ゲンガーやボーマンダ等に上をとられあっさりと落とされることが増えました。またこだわりスカーフを持たせられると今の環境ではチラチーノを抜けないポケモンの方が少なく、トップメタの高速アタッカーのついでにやられてしまうことが多いです。

それらに目を瞑って低速~中速ポケモンたちの上をとれたとしても、A95C65の火力では弱点を突いても一撃で落とせないことなどザラ。折角の技範囲も相手を倒せないと十分な力を発揮できません。反撃であっさり落ちてしまいます。

ここまで悪いことだらけですが、もちろんチラチーノにも良いところがあります。

第一に襷・頑丈持ちに強いこと。前述の通り連続技を主とするポケモンなので低耐久の襷持ちに対しては強気に戦えます。なおミミッキュは無振りでも種ガン10発が乱数なのでミミッキュに対してそこまで強くはないです()

第二に小技がそこそこ充実していること。攻撃技では蜻蛉や叩き、補助技もアンコールや電磁波、甘える等使い勝手のいい技は少なくないので、技スペを犠牲にしてでもこれらを搭載する価値は十分あるでしょう。

チラチーノを育成する際はこれらの長所・短所を熟考した上で考える必要があるでしょう。

 

 

3,テンプレチラチーノは弱い?

さて、ここまでを踏まえてよく育成論で見かけるチラチーノを見てみると、このポケモンがあまり使われない理由がわかりやすくなるのではないでしょうか。

 

・よく育成論で見るチラチーノ

陽気AS 持ち物:王者の印、拘り鉢巻、命の珠、防護パッド等

確定技:スイープビンタ、タネマシンガン、ロックブラスト

その他の技:とんぼ返り、アンコール、叩き落とす等

 

努力値、技構成はぶっちゃけこんなもんでいいと思います。問題は持ち物。

・王者の印

チラチーノの王道。連続技と組み合わせることで4割強の確率で相手を怯ませることができますが、相手の上をとれないと機能しません。またそもそも技の命中が100でないものが多いので、安定感に欠けるというのが現実です。弱くはないですが強くもない。

・拘り鉢巻

低い火力を補強できますが、持たせても足りないことが少なくありません。またチラチーノのせっかくの技範囲が活かされなくなってしまうので個人的にはオススメできない持ち物です。

・命の珠

技を縛ることなく火力を補強できます。元々耐久は低いのでHP減少のデメリットも目立ちにくいです。この中では比較的使いやすいと思われます。

・防護パッド

チラチーノの最大の弱点であるゴツメや鉄棘等に強くなりますが、火力や怯み、行動保証を捨ててまで求める価値ははっきり言ってないと思われます。

 

正直なところ筆者が一番使いやすいと思っている持ち物は襷です。前述したようにチラチーノは今の環境では上をとられることが多く、一発耐えられる耐久も持ち合わせていないので確実に1回行動できる襷が無難かと。実際僕も大半は襷で運用していました。

Zクリスタルに関してはまだ使ったことがないので詳しくは言えませんが、連続技はZにしても火力が低くなる上、チラチーノは全体的に火力補強ができた方が強いので珠の方が優れていると思います。

 

4,型サンプル

以上を踏まえてレートで「勝てる」チラチーノの型をいくつか紹介します。

 

①電磁波起点作り型

陽気AS 襷 

ロクブラ、電磁波、アンコール、どろかけ

選択技:甘える、光の壁、とんぼ返り等

tomotinsumaho.hatenablog.com

筆者が好んで使っていたチラチーノ。詳しくは上記事参照。

スクルリンクの特徴と襷による行動保証を最大限利用したもので、筆者が知る型では最強だと自負している。

麻痺を撒けることがこの型のアイデンティティなので、ムラっけや分身バトンといった害悪戦法との相性が良い。

 

②襷アタッカー型

陽気AS 襷

ロクブラ、種ガン、叩き、ダスト、蜻蛉、アンコール等

 

ゴースト技に後投げして無償降臨から倒したり、低耐久ポケモンを対面から倒したりする型。スイープビンタは弱点を突けない上火力が足りないので基本的に候補外。アンコールがあるとミミやガルドにより強くなる。

 

③珠アタッカー型

陽気AS 珠

ビンタ、種ガン、ロクブラ、蜻蛉、叩き、ダスト等

 

火力を求めた場合の型。行動保証はないが中速相手には強め。

 

 

型紹介は以上です。少なくね?と思われるかもしれませんが現在の環境で汎用性を保ちつつ勝てる型はこのぐらいだと思います。なにかあったら教えて(丸投げ)

 

 

5,終わりに

拙い記事でしたがここまで読んでくださりありがとうございました。嫁ポケなので書きたいことは他にもたくさんあったのですが、説明力が著しくないためここまでにさせていただきます。

チラチーノはマイナーポケモンと呼ばれ実際の対戦で使われることが少なく、それ故に研究もあまり進んでいません。マイナー好きのトレーナーによる考察も実践的なものがあまりなかったので、このような記事を書かせていただきました。

チラチーノに限った話ではありませんが、多くのマイナーポケモンは最良の「勝てる」型がまだ発掘されていないような気がします。愛という理由だけでそれらのポケモンを使うこと自体は否定しませんが、愛だけで活躍させられるほど甘いゲームでもないのが今のポケモンではないでしょうか。本当にそのポケモンを愛しているならば、逆境からも「勝てる」型を見つけてあげることこそトレーナーのあるべき姿のひとつであると考えています。

この記事がそういったポケモンたちを今一度見つめ直すきっかけになるならば幸いです。

シンプルシンフォニーで使う予定だったやつ【遺言】

おはようござます。

現在公式のネット大会でシンプルシンフォニーっていう単タイプポケ限定の大会が開かれてまして、僕も出る予定でした。

出る予定でした。

 

 

 

 

はい。そうです。育成が間に合わなかった上にエントリーまで忘れました()

今回は面白そうだったからぜひ参加したかったんですけどねぇ…最近リアルが忙しかったのもあって完全に頭から抜けてました…(正直エントリー土曜までだと思ってました。完全に僕が悪いですね^^)

 

今現在も1体も育成できてない有様ですが、自分なりに一生懸命構築は考えた(未完成)ので遺言代わりに残しときます。言い忘れました。クソ記事です。

 

f:id:tomotinsumaho:20190127172503p:plain

いざ並べてみるとなんだこれ感すげえな

調整とかはほとんど考えてなかったので全体的に適当です。

 

 

ダストダス@襷

どくびし/どくどく/爆発/@1

起点作り要員。今大会は浮いてるポケモン、鋼、毒タイプが少ないため毒菱が通ると思い毒菱をメインとするPTを考えていた。

物理相手には砕ける鎧でSを上げて上から2回行動して毒を撒けるので強いと思った。

 

 

レパルダス@残飯

イカサマ/地獄突き/身代わり/守る

毒を撒いた後にみがまもで嵌める要員。地獄突きはニンフィア意識。

ニャオニクストルネロスと悩んだが一致イカサマの腐りにくさと地獄突きの習得を考慮してこうなった。

 

 

ムウマ@輝石

祟り目/鬼火/エナボ/置き土産

格闘受け兼エース兼起点作り。毒を撒いた後に祟り目で攻めてもよし、置き土産でサクラビスオノノクスに繋げるもよしという過労死枠。

 

 

サクラビス@ハーブ

からやぶ/ドロポン/@2

エース。正直あまり考えてない()

 

 

オノノクス@竜Z

逆鱗/毒づき/地震/竜舞

エース。同上()

 

 

ゴチルゼル@風船

挑発/分身/瞑想/悪波

カバルドンへの殺意が具現化した。

 

 

参加してる方々は引き続き頑張ってください。今度からエントリーだけでも早めにしておきます(戒め)

次世代の分身バトン起点作り生名簿【メモ】

サムネ思い浮かばなかったのでフランちゃんの立ち絵置いときます

f:id:tomotinsumaho:20181106204205p:plain

可愛い。はるかさんすてきいつもお世話になってます

 

 

 

 

最近分身バトンまとめ的な記事に自分の記事が乗っててちょっとうきうきしてました

t.co

自分も少しは分身界隈に認識されつつあるのかな(自意識過剰)とか思うと嬉しいですね。

最近はあまり分身バトン使ってませんでしたが、これを機にまたこの戦術について改めて考察してみたいと思うようになりました。

最近はアギルダーとかサンダースとか色んなポケモンが開拓されててやっぱりこの戦術おもしれぇや。というわけで今回は今までに僕が考えた次世代の分身バトン起点作成ポケたちをここに綴ろうと思います。

         汎用性?知らねぇよ。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20181106204852p:plain

特性すり抜けと命中安定の蛇睨みを唯一両立できる。

補助技は全体的に貧弱だが挑発やすり替えによる最低限の起点回避ができるほか、まとわりつくで拘束なんかもできるので使い方次第で化けそう。

 

 

 

 

 

f:id:tomotinsumaho:20181106205513p:plainf:id:tomotinsumaho:20180313015423p:plain

電磁波こご風+オクタン砲の命中ダウンでサポートができるにとどまらず、自身がムラっけ持ちなので運次第でいくらでも嫌がらせできる。水浸し+電磁波とか地味に面白そう。

テッポウオの方が速いが耐久は低いのでお好みで。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20181022152834p:plain

†煙幕†で命中下げて起点作れるニンニンガエル。

激流が流行ってるからカバルドン出てきづらいんじゃないかな(願望)

 

 

f:id:tomotinsumaho:20181106205952p:plain

特性で相手を拘束して泥かけたり置き土産を確実に決められる。

特性も相まって電気に強いのが最高にgood。先制技ですぐ死ぬけど。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20171227141542p:plain

ワイがレートで使ってる子。無効タイプが多かったり蜻蛉が半減だったり退場技が豊富だったりで結構なんでもできるまじょっこ。

輝石ムウマもいいけどワイはムウマージ派ですね(^w^)

 

 

f:id:tomotinsumaho:20181106210550p:plain

特性のおかげで地面タイプにも電磁波を通せる。チートかぁ?

身代わりバトンタッチなんかもできるから面白そう。霊に無力なのがあれ。

 

 

f:id:tomotinsumaho:20181106210842p:plain

エルレがいけるならサナだっていける!

アシパ覚えるからエースにすればエルサナ両選出だってできるぞ!!

 

f:id:tomotinsumaho:20181106211117p:plain

頑丈持ちでは比較的安定性が高い。吠えるが使えるのも高ポイント。

地面に滅茶苦茶弱いから電気玉投げつけるベ。

 

f:id:tomotinsumaho:20180313014052p:plain

弱くはないです。強くもないけど。

 

 

 

思いつき次第追記していこうと考えてます。やる気があったらね。